人とテクノロジーの調和をめざし新鮮な発想で応えます

製造のあゆみ

製造のあゆみ

安政 元年 銅線製造開始(1854年)
明治 14年 工部省へ通信用銅線を納入
18年 各地の電灯会社へ木綿被覆電線を納入
28年 京都電気鉄道㈱へトロリ線、送電線等を納入
34年 ゴム絶縁線の製造開始、各官庁へ納入
大正 10年 ドイツより被鉛機輸入、鉛被ゴム線の製造開始
昭和 26年 合成樹脂系電線の製造開始
41年 架橋ポリエチレン電線の製造開始
43年 西独カーベルメタル社より溶接波付金属被覆製造
装置を導入、コルマンケーブルの製造開始
49年 電々公社より市内CCPケーブルの納入指名
51年 難燃ケーブルの製造開始
53年 原子力発電用ケーブルの納入開始
57年 電力会社より水密形電線の納入指名
57年 電子機器用電線の製造開始
59年 UL・CSA規格の認定を受ける
60年 ノンハロゲンケーブルの製造開始
61年 電力会社より乾式架橋ケーブルの納入指名
62年 電子機器用極細被覆線の製造開始
63年 光ファイバー製品の製造開始
平成 4年 光ファイバーケーブル集合量産機増設
13年 エコ(EM)通信・電力ケーブル製造開始
14年 鉛フリービニル電線・ケーブル製造開始
FTTH用光ドロップケーブル製造開始
16年 低PDL光カプラ製造開始
CCP-ES,PEC-ESケーブル製造開始
17年 鉄道⾞両光ケーブル納⼊開始
21年 新幹線⽤信号ケーブル 製造開始
25年 鉄道車両用BS6853光ケーブル製造開始
26年 鉄道車両用BS6853寒冷地仕様光ケーブル製造開始
長距離伝送用信号ケーブル製造開始
PAGETOP
Copyright © 津田電線株式会社 All Rights Reserved.